So-net無料ブログ作成
検索選択

花くばりⅥ~♪ 葉で作るリースのデザイン [チャレンジ]

梅雨の晴れ間の日曜日、お花先生のフラワーアレンジメント教室
お邪魔してきました。

毎度、おじゃましてます。

今回のお題は、花くばり。
サブタイトル(?)は、葉で作るリースのデザインです。
 01.JPG

花くばりは、剱山や吸水性スポンジを使わずに、葉っぱや木の枝、茎、つる、
紙、土、石・・・など、自然素材を使って花を生けていく技術です。

メリットは、花を生けたときに「あっ、失敗したー。」という、
とっても良くある(笑)局面で、やり直しが出来るところですね。
吸水性スポンジを使うと、生け直す度に「穴だらけ」となってしまいます。
剱山だと、花の茎が痛みますからね・・・・。

花材の皆さんのご紹介です。
 02.JPG
・ヒマワリ
  :爽やかなパイン色の人です。パインのアイスが食べたくなります。
・ヒメヒマワリ
  :夏ですね。あざやかなオレンジの人です。
・ヒメユリ
  :立ち姿が、とってもかわいい子。でも、花粉に注意です。
・クラスペディア
  :思わず突っつきたくなるボンボンの彼です。
・アワ
  :モフモフした子です。「とうもろこし」のようです。
・ニューサイラン
  :長ーい葉っぱです。これがクセ者でして・・・。

では、試合開始です。

花くばりのベースは、ニューサイランで作ります。

とてもしっかりしたニューサイランの葉。
これを二つに切り分けていきます。
 04.JPG
 ひたすら、二つに分けていきます。
 家内制手工業です。(笑)

ニューサイランのワケワケ作業が終わったら、
くるっと作業の開始です。

曲げわっぱのように、形をつくっていきます。
 06.JPG
 ニューサイランを止めているのは、細い竹をたてに割ったものです。
 これも、お手製。
 竹をたてに割る時、力を入れすぎると、もちろん折れます。
 まぁ、折ってしまったのはボクだけでしたが・・・・。(泣) 
 力加減も大切です。

くるっとくるっとニューサイランを巻いていくと・・・。
 07.JPG
 やっとベースが完成です。

 簡単そうでしょ?
 ところがドッコイです。

 クルクルっと巻いたニューサイランの葉のスキマに花を生けるので、
 スキマが大きいと留まらないため、花が倒れてしまします。

 ニューサイラン君は、しっかりしていて反発力がありますから、
 クルクル巻いていると、輪が大きくなったり、スキマが大きくなったりと
 なかなか上手くまとまりません。
 いつもながらの、四苦八苦です。(笑)

さぁ、花を生けますよー。
普段、使わない頭をフル回転させて、大切に生けていきます。

そして、こんなんできました。
 08.JPG
 夏の風景に見えますか?
 (この頃、背の高い作品が好きになってきました。)

ちょっと上から、のぞいて見ます。
 09.JPG
 この角度で見ると、ちょっと華やか。

花を生けるのは楽しいもの。
今回は、花を生けるベース作りから楽しんでしまいました。
 a0.JPG
 足元も、おもしろいでしょ。

花を生けるのが好きな方はもちろん、
工作好きな方にもオススメな、花くばりです。

リンゴが好きな方にもオススメ?
 b0.JPG
 業務連絡~♪
 我が家に、リンゴがやってきました。
 それも2台。

 仲良くしなくちゃ!


nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 17

コメント 4

カエル

足元のサランの巻き加減はちょっと難しそうですね。ゆるくなったり、きつくなったり。
クラスペディアが音符♪みたい。
by カエル (2014-07-14 05:34) 

みち

花材、綺麗に並んでいるのがけんちゃんらしいです^^
くるくる巻くだけなのに、難しかったですね。
水に浸してるとこなので、どんどん巻きがゆるくなって、
収集がつかなくなりました(;;)
by みち (2014-07-15 00:35) 

hatsu

美しさと元気が空に向かっているよう!
素敵ですねー^^
by hatsu (2014-07-17 05:54) 

baby_pink

うんうん.。生き生きとした生命力を感じます♪
お花から感じるきらきらしたもの。大好きです^^
by baby_pink (2014-07-19 10:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。